号外(播州弁でてもうとるがな)

上京したての頃に、先輩から「東京に来て、仕事中に標準語で話せない地方出身者は、人へのエゴが強いし、それを不快と感じるお客様も多い。それにココは原宿。全国のお客様がこのお店を目指して来て頂いている。言わば憧れでいなきゃいけない。俺らアパレルは自分が着る洋服にエゴがあっても、他人にエゴを押しつちゃいけない。出来る事は提案だ。俺らアパレルは洋服を売って給料をもらってご飯を食べてる。言わば、ココにある洋服はご飯だ。ご飯を『これ食べないさい』って言ってるようなもんだ。食べたいもんは自分で決めるだろ?メニュー見て悩んでたら、メニューの説明書きだったりを見て味を想像したり、ウェイトレスさんに助言求めたりするだろ?」妙な言い回しだったが、妙に納得しました。それ以来、必死に努力して播州弁が出ないよう努めました。だから仕事中は関西出身だと見抜かれた事がありません。多分。多分かい!言うて。
 
 
 
さて、弊社にてPRのお手伝いをさせて頂いております、『BIRKENSTOCK』『Papillio』より、新作のご紹介。
 
昨今のエフォートレスの流れで「普通なんですが、、、おォ~ファッショナブル」的な。
 
パッと見は、BIRKENSTOCKARIZONA(アリゾナ)っぽいのに、ん?ソールが厚い。
 
そう、これがPapillioのARIZONAなんです。
 
 
天竺のゆるーいパンツや、ヘンプ混のワイドパンツなんかに合わせても雰囲気出そう。
 
全身ワントーンコーデとか。
 
勿論、両色買いのつもり。
 
移転した原宿店なんかでご試着頂くと、雰囲気分かって頂けると思います。
 
 
 
 
 

f:id:hynm_namura:20150305162026j:plain

 
 
 
胸を張って言います。ちなみにメンズもレディースもありますよってに。